THIS IS US 36歳、これから-あらすじ-1話-2話-感想付きネタバレありで紹介!

海外ドラマ-THIS IS US 36歳、これから-あらすじ-1話-2話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

THIS IS US 36歳、これから


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
今回のお話は『THIS IS US 36歳、これから』です。
世界中に同じ誕生日の人が1800万人以上いるけれど、
誕生日が同じでも行動に関連性はないそうです。

これは同じ誕生日の、36歳の男女の人生の物語です。
若者でもなく、年老いてもいない、一番人生の問題に揺れる年ごろの男女が
何を考えどう生きるのか、きっと自分に置き換えて考えてしまうような、
そんなお話です。
早速あらすじをご覧ください(^^♪

【THIS IS US 36歳、これから】(ネタバレあり)

1話

ジャックの36歳の誕生日を祝うレベッカ。レベッカは大きなお腹をしている。
36歳の誕生日に冷蔵庫を開けイラつく太ったケイトは体重計の前で躊躇する。
トレーダーの仕事をするランダルは職場の仲間たちから36歳を祝ってもらう。
俳優のケヴィンは目の前で踊る女性たちに 今日が36歳の誕生日だと告げる。

レベッカは三つ子を妊娠していて予定より6週間も早く破水してしまった。
ジャックは三つ子が自分と同じ誕生日なのことに喜ぶが事態はそう簡単ではない。
細切れに主人公が変わるためになかなか彼らの共通点が見つかりません

ケヴィンは人気番組の主役だが自分の役柄に疑問を持っている。
コメディーの作品をシリアスに演じてみたが脚本家に別バージョンも演じるように言われ
我慢できなくなった彼は公開撮影中に現場で暴れてしまう。

ランダルは娘のサッカーの試合を見ながら妻に実の父親を捜したと告白する。
彼は生まれたばかりの時に消防署の前に捨てられていた。
実の父親に会いに行ったランダルは自分が成功したことを告げて去るつもりだったが
どういう心境の変化か父親を自宅へ連れて帰る。

ケイトは肥満を克服するグループに参加して 同じ悩みのトビーと知り合う。
トビーとデートの後2人でケイトの家にいるとケヴィンが帰宅する。
ああ、ケヴィンとケイトは同じ家で暮らしているのですね。少し状況が見えてきました

医者はジャックとレベッカに三つ子がハイリスクであることを話そうとするが
ジャックはきっとうまくいくはずだと言って話を聞こうとしない。
しかし結局三つ子のうち三人目の男の子は死産となってしまう。

ジャックが新生児室で子供たちを見ていると、隣に立っていた男性から話しかけられる。
ジャックが男性の子はどれかと尋ねると、自分の子供ではなく消防署に捨てられた
子供を連れてきたのだと聞かされる。
アメリカの病院は新生児室だろうとみんな平気でたばこを吸うんだなぁと驚いてしまいました

ジャックとレベッカは捨てられていた子供を亡くなった3人目の代わりに引き取ることにする。
そしてそれぞれの男女の人生が動き出す・・・

2話

3人の子育てに奔走するレベッカ。
ジャックは出勤前、子供たちと「ビッグ・スリー」の儀式をする。
家族の絆ってこうやって作られていくんですね

ランダルの妻は彼の父親の扱いに困っていた。
毎日、日中のほとんどを外出している父親に不信感を抱き直接問い詰めることにする。
すると父親はバスで3時間かけ自宅の猫に餌をやりに行っていることを明かした。

ジャックは親友のミゲルに家庭の悩みを相談するが、ミゲルは黙って話を聞いた後
レベッカを妻にした幸運を思い知るべきであり、ジャックがこうしてバーボンを飲んでいる間にも一生懸命家庭を守っている、と厳しいことを言う。
これはミゲルが正しいですね。そんな時間があるならレベッカと話し合えばいいのに

ケヴィンは番組でトラブルを起こしたことで辞めるつもりでいたが、あと2年の契約が残っているために辞めることはできないと告げられる。
局の代表にパーティ会場で許しを請うように言われケイトに相談する。

肥満克服のサポートグループでイライラしているケイトからケヴィンのパーティに付き添うことを聞かされたトビーは、自分も参加するから体重を忘れて楽しもうと提案する。

パーティ会場で局の代表と話すケヴィン。にっちもさっちもいかなくなり相談しようと
ケイトを探すが、彼女は酔っぱらっていて話にならない。
困ったケヴィンはランダルに電話をかけ相談する。
ここで子供の頃の「ビッグ・スリー」の掛け声。ほろりとしてしまいました。

夜遅く帰宅したジャック。
最近すれ違い気味だからと仲直りのしるしにレベッカにプレゼントを渡す。
しかしレベッカはジャックにアルコールについて克服してくれるように冷静に告げる。

ジャックはレベッカを幸せにすると改めて誓う。
レベッカに許され渡しそびれていたプレゼントを渡すと、プレゼントは月のペンダントだった。
レベッカは月を2人の歌だと言っていました。フラグなのでしょうか?

父親の件が解決したランダルの家にレベッカとミゲルがやってくる・・・。

1-2話の感想

初めは誕生日の同じ4人の関係がよくわからないままシーンが飛んでいたので
見えてきたときに「そう来たか!」と驚きました。

個人的にはランダルファミリーはもうこのまま円満でいて欲しいです。
ケイトは痩せようとしているのに微妙にトビーが邪魔しているように感じてしまうのですが・・・気のせいでしょうか?
ケヴィンはニューヨークに行って舞台をやるようですね。

まだまだバラバラのピースはあちこち欠けているので、今後の展開が楽しみです。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!昔は韓国ドラマに特化して見ていましたが、海外ドラマにもハマりました(笑)海外ドラマ歴はかなり浅いですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です