THIS IS US 36歳、これから-あらすじ-9話-10話-感想付きネタバレありで紹介!

海外ドラマ-THIS IS US 36歳、これから-あらすじ-9話-10話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

THIS IS US 36歳、これから


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ウィリアムとレベッカが知り合いだったことが判明した前回。
誰でもそうであるように、家族に裏切られた気持ちのランダルは心に深い傷を負ってしまいました。

ランダルとケヴィンの関係性が思っているよりも根の深いものみたいですが、彼らは乗り越えることができるのでしょうか??

【THIS IS US 36歳、これから】(ネタバレあり)

9話

子供時代のランダルは自分と同じ肌の色の大人を見ると自分の本当の親ではないかと確かめるような行動をとるようになっていた。
レベッカは本当の親について頑なに黙っていた。
ジャックはランダルの親を探す提案をするが、レベッカはウィリアムが善良な人間だと知り 親子を会わせることを恐れる。
これは母親ならではの感覚なのでしょう。大切に育てた子供を失う恐怖心は計り知れないですよね

ケイトは飛行機で怖い思いをして胃の手術を決意する。
しかしオリヴィアからは手術しても何も変わらないと言われてしまう。
思い余ってトビーに電話するケイト。しかしトビーは自分たちは別れたからと電話を切る。

レベッカが別荘を売ろうとしていることを知った兄弟たちは3人で別荘へ行く。
3人一緒に別荘で過ごすのは最後だから楽しもう、というのにケヴィンはオリヴィアを呼んでしまい、オリヴィアは作家と元カレを連れてきてしまう。
この辺の神経がよくわからないのでどうしてもケヴィンが好きになれません

オリヴィアの元カレの持ってきたスムージーを飲んだランダルは幻覚を見てしまう。
別荘を直す父親を見つけランダルは母親の裏切りを必死に訴える。
幻覚の父親はランダルの言葉を受け止め、母親も辛かったことを気付かせる。
ランダルは自分の存在価値を示したかったのですね。子供の頃から長い間悩んできたのですね

別荘でずっと一緒にいるオリヴィアと元カレに腹を立てたケヴィンが2人に怒りをぶつけると 2人はあっさりと車に乗って帰ってしまう。
レンタカーを借りたはずの作家・スローンは置いていかれ、翌朝にはケヴィンと結ばれていた。
黒人男性のローモデルが必要だとアドバイスをもらったレベッカとジャック。
彼らはランダルを黒人の先生の武術教室へ連れていく。
道場でランダルは父親が子供の土台であることを教え、親としての覚悟を問う。

レベッカはウィリアムに ランダルに会わないで欲しいと手紙を書く・・・

10話

ジャックとレベッカが子供たちのためにクリスマスの準備をしていると、ケイトは腹痛を訴え、虫垂炎の手術をすることになる。
その病院では事故に遭ったドクターKがいた。
彼は年齢のこともあり死を覚悟した手術を予定しているが、家族の到着は間に合いそうもない。

ランダルはドクターKのおかげで養子になれたことを知っていて、大切に貯めていた小遣いで彼のためにスノードームを買う。
ドクターKの家族のように手術を待つピアソン一家。そして手術は成功する。

ケヴィンが劇場へ行くとオリヴィアが行方不明だとスローンが怒っていた。
劇がダメになった代わりに彼氏のフリをするように言われスローンの家に行ったケヴィンは そこでスローンの演技力を知りオリヴィアの代わりに演じさせることを思いつく。
スローンが姪たちにお話を聞かせている間、ケヴィンはずっと感心していましたね

胃の手術のために専門家に話を聞くケイトとレベッカ。
ケイトが抗うつ剤の使用やドカ食いの過去があることを初めて知ったレベッカは驚いてしまう。
イブに悪いことは起きない、がキーワードのようです。

ワークショップで発言するウィリアム。ウィリアムを責めるような発言をするジェシー。
彼らは特別な関係にあり、ジェシーは突然去ったウィリアムにまだ心を残していた。

会社のパーティに出席するランダルは自殺しようとしているアンディに遭遇してしまう。
必死で止め、説得するうちにランダルは「許す」ということの大切さに気が付く。
その夜ランダルの家のクリスマスパーティに来たレベッカを許そうとするランダル。
ケヴィンはスローンと、ウィリアムはジェシーと訪れ、ケイトと別れたはずのトビーも飛行機に乗って会いに来てくれた。

その晩は全員が幸せに過ごしていたが、立ち上がろうとしたトビーはその瞬間倒れてしまい・・・

9-10話の感想

毎回涙が止まらないと評判のこのドラマですが、実は今まで「じんわり」しか涙が出ていませんでした。
ところがこの回・・・このネタバレを書くのが辛いほどあらゆるポイントで泣きっぱなしでした。

家族を思う気持ち、その形や表現の違い、想いのすれ違いや伝わらないもどかしさ。
ぜひ自分の心で感じ取っていただきたいと思います。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!昔は韓国ドラマに特化して見ていましたが、海外ドラマにもハマりました(笑)海外ドラマ歴はかなり浅いですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です