THIS IS US 36歳、これから-あらすじ-17話-感想付きネタバレありで紹介!

海外ドラマ-THIS IS US 36歳、これから-あらすじ-17話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

THIS IS US 36歳、これから


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
レベッカとの大喧嘩で家を飛び出してしまったジャック。
止めると約束していたお酒を飲んでしまっていました。

ウィリアムの故郷で彼を看取ったランダル。
彼の残した最期の言葉はランダルの人生に影響を与えそうです。
ランダル一家・・・特にランダルの子供たちはその存在の大きくなったウィリアムの死を受け止めることができるのでしょうか。

【THIS IS US 36歳、これから】(ネタバレあり)

17話

ウィリアムが使っていた娘の部屋を片付けようとするランダル。
気持ちの整理がつかないランダルを慰めるベスは、娘のベッドに置かれた封筒を見つける。
ウィリアムは2人の娘に楽しい告別式をするようにとの指示を残していた。
この遺言を見てきちんと子供に任せるところが素晴らしいです。

娘たちの企画した告別式は「おじいちゃんにとっての完璧な一日」。
ウィリアムの好きなものを朝食にし、彼が飲んでいた薬代わりのチョコも用意されていた。
それをみて薬を毎日用意していたベスは自分に別れの機会がなかったことを嘆く。
そこでランダルは告別のあいさつをベスにしてもらうことにする。

ベスのあいさつを聞いたケイトは自分の父親の死の記憶が重なり辛くなってしまう。
ランダルはケイトに感情を表に出すようアドバイスをする。

ケヴィンは評論家に自分の舞台を見てもらえるよう直接掛け合う。
しかし彼はケヴィンが舞台に穴をあけた日に観に行っていたため首を縦に振らない。
楽屋で緊張するケヴィンにソフィーが会いに来てくれ、本気で冗談をやる。
客席には家族がみんな来てくれている。
彼はそれを見て評論家が来ていないことはどうでもよくなってしまった。

ケヴィンの舞台の後、会社に寄るランダル。
彼は父親が亡くなり、見舞いに届いたのは自分がアレルギーのある梨とプリントされたカードだけだったことに呆れ、後のことはライバルのサンジェイに任せると告げ退職する。
吹っ切れた様子のランダル。ウィリアムの影響を大きく受けたのですね。

ケイトはとうとうトビーに父の死について話すことにする。
避けてきた理由、それはジャックの死がケイトのせいだからだった。

ツアーに出発の日、焦るように時計を見るレベッカ。
ジャックは同僚の送別会のパーティには参加せずに帰宅したが、社内での送別で帰宅が遅れたことにレベッカは苛立っていた。

友達の家に行くケイトを送るジャックに彼女は母親のツアーを見に行くよう促す。
一人でいないで欲しいとケイトに言われたジャックは同僚の送別パーティに行くが、職場の女の子に迫られてレベッカに会いに行く決心をする。
正直、この女の子と浮気してしまうのではないかと少し前から思っていました。ゴメンナサイ。

レベッカの元へ車を走らせるジャック・・・

17話の感想

ウィリアムからベスへの絵葉書。本当に感動しました。

ジェシーからの電話でウィリアムがいかに温かい人物だったかを聞かされたり、
荷物を運んできた郵便配達員がウィリアムの死を悼んでくれたり、
ウィリアムが本当にみんなに愛されるような人物だったことがわかりました。

ケイトがジャックの死を自分のせいだと言っていたけど、もしかしてレベッカに会いに行く途中の事故?そういえばお酒を飲んでたし。。。

次回・最終回です。一体どうなってしまうのでしょう。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!昔は韓国ドラマに特化して見ていましたが、海外ドラマにもハマりました(笑)海外ドラマ歴はかなり浅いですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です